アルゼンチンペソと市場価格の行方 アルゼンチンペソ(ARS)でFX・アルゼンチン株の投資信託で資産運用

アルゼンチンペソと市場価格の行方

2007年12月の大統領選挙で当選したキルチネル氏は前大統領の夫人です。

ということは、これからのアルゼンチン政府の路線としては、これまでと同じという結果になることでしょう。

アルゼンチンペソは為替相場では安定をしています。対米で対日本でもアルゼンチンペソの値動きは小さいものになっています。

では、アルゼンチン国内ではどうかというと、インフレ率は下がりつつありますが、前キルチネル大統領の公共施設の国有化対策により、国民の不満が出そうな気配はあります。

民営化された公共料金抑制など市場外での価格の統制となど、経済過程に政府が介入する企業と政府との間で価格協定を締結する形をとってきました。

こうした政府介入を端的に示されたのが食肉価格をめぐる職人流通・加工業界と政府との対決で、2006年までは食肉輸出停止措置をとるまでに至りました。

まだアルゼンチン国自体が政府介入という形をとっているため、為替等の取引など自由に行われないのが現状で、為替市場にもアルゼンチンペソの通貨は出回っていません。

新大統領にはなったものの、また同じ路線ということで、価格協定など、政府が市場に顔を出すことは必至でしょう。

市場価格に政府が介入しなくなり、早くアルゼンチンペソの通貨を為替市場で自由に取引できる日が来るといいですね。

アルゼンチンペソの前途はいかに…?