アルゼンチンペソ建て債券、再び アルゼンチンペソ(ARS)でFX・アルゼンチン株の投資信託で資産運用

アルゼンチンペソ建て債券、再び

2001年12月にアルゼンチンペソ建て債券はデフォルトに陥りました。

当時日本円換算で、総額10兆円以上のアルゼンチンペソ建て債券の元利払いが滞ることになりました。

日本国内でもアルゼンチンペソ建て債券(又は円建て債券)は、機関投資家だけでなく個人投資家にも販売されていました。痛手を被った投資家は少なくないと思います。

それ以来、国の再建に取り組んできたアルゼンチンですが、最近では10%近くの高い経済成長率を達成しています。

アルゼンチンの株価指数は過去3年で6倍程度上昇しました。そして、問題の財政も黒字化していて、黒字額は過去最大を記録するまでになりました。

こうした中、アルゼンチンはデフォルトして以来初めてのアルゼンチンペソ建て債券の発行を計画しています。

世界にはアルゼンチンペソ建て債券に投資したいと考える投資家もいるようです。

最近の新興国市場への投資意欲の高まりなども背景にあるのかも知れません。

昔は米ドルにリンクするドル・ペッグ制でしたが、2002年2月から変動相場制に移行しました。現在、1アルゼンチンペソ=33円くらいです。

アルゼンチンペソ建て債券、リベンジなるか?