アルゼンチンペソの為替レートは? アルゼンチンペソ(ARS)でFX・アルゼンチン株の投資信託で資産運用

アルゼンチンペソのチャートとレート

アルゼンチンペソ/円の為替レートチャートの値幅は通常は1円ありませんでした。

しかしながら2008年において金融恐慌の影響からアルゼンチンペソも急速な円高となっています。

以下、リアルタイムのアルゼンチンペソのチャートとなります。

・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5日間チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ1年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ2年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5年チャート

アルゼンチンペソ


通常のアルゼンチンペソは1年間を通じて、アルゼンチンペソ/円の為替レートチャートはそんな感じで穏やかな動きをしていると言えそうです。

2008年の金融恐慌を除いてですが^^;

これは、アルゼンチンペソと円の取引量があまりないことを意味していると思いますが、国内においてもアルゼンチンペソの直接投資という機会もまずないです。

FXなど、2通貨間の取引で売買するような投資でも、アルゼンチンペソの通貨はありませんし、株などの市場では皆無です。

そんな中、現在の為替レートは1アルゼンチンペソ=約33円の推移となっています。

チャートの動きとしても、乱高下という形ではなく、33〜40円の間をうろうろという感じです。

まだアルゼンチンペソと円の取引がない状態ですから、チャート分析というのも必要ないようにも思われますが、今後の取引に備えて、投資の勉強として、レートチャート研究というのもいいでしょう。

グラフを活用、アルゼンチンペソ

投資に関して、チャートなどのグラフは貴重な資料となります。

FXには特に、グラフ関係は、重要な鍵です。

アルゼンチンペソグラフは、為替レートなどがあります。

が、今はFXなどの個人的な投資はできないアルゼンチンペソですが、次々と新興国通貨がFXに顔を出している現状ですから、いつかはアルゼンチンペソのFXも出てくるでしょう。

グラフによってのテクニカル分析など、独自のチャートづくりには欠かせないですが、アルゼンチンペソに関して言えば、2003年からのチャートやデータしかないので、今の時点では十分なグラフは揃わないかもしれません。

でも、サイトでは、アルゼンチンに関するニュースも見られますし、スペイン語が堪能なら、直接アルゼンチンの記事も読めます。

今はマイナーなアルゼンチンペソですが、将来のことは誰にもわかりません。

アルゼンチンペソの為替変動

話題のFX、為替変動の激しい動きに振り回され、利益が出たり、損失が出たり。
それが許容範囲なら、楽しい投資ですが、ある日ガッツリ負けて落ち込む日々。

世界のあらゆる通貨でできるようになった今日ですが、マイナー通貨のアルゼンチンペソのFXはまだありません。

為替変動にしても、アルゼンチンペソはきわめて小さく、今の時点でのFXでアルゼンチンペソでの儲けというのは無理な話でしょう。

為替変動が激しいということは、それだけ参加者も多いということで、今のアルゼンチンペソ為替変動があまりないということは、世界的にも流通量が少ないということになります。

だから、アルゼンチンペソという考え方もあります。

おとなしい為替変動が、突然激しくなるということもないわけではありません。

アルゼンチンペソ為替変動も例外ではなく、ある日、火を噴くなんていうこともあるかも。

アルゼンチンペソ/円の為替レートはどう?

アルゼンチンペソ/円為替レートですが、5年という長いスパンで見た場合、その値幅は10円ありません。

しかしながら2008年の後半からは世界金融恐慌で急激な変動の影響を受けています。

以下、リアルタイムでのアルゼンチンペソの推移です。

・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5日間チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ1年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ2年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5年チャート

アルゼンチンペソ


もともとアルゼンチンペソは為替変動制になったのが2003年ですから、それほどの流通量がないというのもあります。

2003年のアルゼンチンペソ/円の為替レートは1アルゼンチンペソ37円から一気に43円まで上昇します。

しかし、2004年は再び37円に戻っています。

2003年のアルゼンチンペソ/円の為替レートはとんがり帽子の形で、現在に至るまで、1アルゼンチンペソ43円という高値は突破できずにいます。

再び、上昇するアルゼンチンペソ/円の為替レートは、2005年です。

ここで、35円台から40円にあがりますが、2006年で再び37円に戻ります。

そして、2007年、アルゼンチンペソ/円の為替レートは、波乱の曲線。39円、40円と上げも一気に35円まで急落という形になります。

そして、2008年1月現在、33円と安値になっています。

アルゼンチンペソ/円為替について

アルゼンチンペソの投資商品は単独ではないですが、投資信託の中に新興国やVISTAという文字が入っていれば、アルゼンチンペソへ投資も含まれしている可能性は大きいです。

アルゼンチンペソの直接的な投資はできませんが、投資信託という形で為替取引をしているということになります。

新興国の通貨は、軒並みいい数字をたたき出していて、中国やインドの単一の投資信託はかなりヒットしています。

為替レートにしても、国内の為替情報にしてもかなりの量が入ってきています。

そうした中、次はどの通貨だ?ということでアルゼンチンペソ/円の為替ルートが浮上してくることは間違いないでしょう。

アルゼンチンペソ/円の為替レートは約33円で安定しています。

しかしながら2008年においては金融恐慌の影響でアルゼンチンペソも対円レートで下落しています。

以下、アルゼンチンペソのリアルタイムチャートです。

・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5日間チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ1年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ2年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5年チャート

アルゼンチンペソ



円為替にしても、世界的に見れば、ドル為替ほどメジャーではないですが、これからは円為替アルゼンチンペソ為替が世界を動かすということも不可能ではないかもしれません。

何が起こるかわからない、そんな為替相場ですから。

アルゼンチンペソの値動き

普段、ドル/円などのポンドなどの値動きの激しいチャートを見ている方にとって、アルゼンチンペソ/円との為替レートで見る値動きには、その小ささを認識することでしょう。

アルゼンチンペソと円と直接取引がない上に、2通貨に関連する金融商品も存在しないことから、流通も極端に少なく、値動きも小さなものになることは当たり前のことです。

為替変動制になった2002年の値動きですが、上値は43円、下値は34円といったところで、現在の為替レートは、1アルゼンチンペソ=33円台というところです。

アルゼンチン国自体も経済発展の途中ということで、為替相場でも頻繁にアルゼンチンペソの名前は聞きませんが、新興国の期待集団VISTAの一角を担っていることから、これからの動向はわかりませんし、値動きについても活発になるかも知れません。

エマージング通貨はまだまだ注目されています。今度はアルゼンチンペソという動きもあれば、値動きも大きくなる可能性は大ですね。

アルゼンチンペソ/円レートを確認してみよう

アルゼンチンペソ/円レートは現在34円の推移となっています。

2007年のアルゼンチンペソ/円レートを見てみると、3月から上昇を続け、7月に40円を越えています。

この後、2007年9月には世界的に通貨安となり、一気に5円の下落を見ます。

そして2008年後半には金融恐慌の影響から一気に円高に動いています。

以下、リアルタイムでのアルゼンチンペソの推移チャートです。

・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5日間チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ1年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ2年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5年チャート

アルゼンチンペソ


エマージング通貨として、アルゼンチンペソとみるならば、5円という下落は小さい方といえます。

ただし、その後のアルゼンチンペソ/円レートは40円に戻すことなく、今の34円という位置になっています。

アルゼンチンペソは直接日本に影響を与えるという通貨でもなく、レートを揺るがすような大きなこともありませんが、世界的な規模や米国の出来事には大きくレートを揺るがします。

今後のアルゼンチンペソ/円レートの動向ですが、米国次第という部分が大きくなります。

原油高続く世界経済にあって、バイオエタノールの原料であるトウモロコシの産地として、大きな位置を占めるアルゼンチン。このことがどう経済に響いてくるか、その方面の動向も気になります。

アルゼンチンペソの為替レート、為替チャートをチェック

アルゼンチンペソ/円の為替レートは現在34円での推移です。

1年ごとのアルゼンチンペソ/円の為替レートの値幅は、大体5円程度。

しかしながら2008年の金融恐慌ではアルゼンチンペソも大幅に値動きをしています。

以下、リアルタイムのアルゼンチンペソの推移のチャートです。

・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5日間チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ1年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ2年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5年チャート

アルゼンチンペソ


アルゼンチンペソ/円の取引がされていないため為替チャートはないですが、為替チャートに置き換えてみても落ち着いた為替チャートとなるでしょう。

アルゼンチンには自動車産業などで、日本とのつながりがありますが、このような為替為替レート、為替チャートの安定は輸出業界にとてもよいことでしょう。

2003年に一時43円の為替レートをつけたアルゼンチンペソですが、その後何回か40円台にいくものの、頭打ちとなっていることが、為替レートでみることができます。

一時はアルゼンチンはリスキーなイメージももたれましたが、今はVISTAという新興国の先頭を行く一員として、経済発展も目覚しい国になっています。

アルゼンチンペソ/円の金融商品がないので、為替チャートのチェックなど、投資対象にはならないものの、今後は為替相場に台頭してくることがあると思います。

為替チャート、為替レートともに、アルゼンチンペソ/円のものを見ておくことも、新興国の動向とともに重要かもしれませんよ。

アルゼンチンペソの為替グラフを見よう

アルゼンチンペソと日本円、為替レートは存在するけれど、実際の株取引など投資商品としての関係はありません。

したがって、アルゼンチンペソに関する為替グラフなども非常に乏しく、情報収集にはとても苦労をします。

当サイトではアルゼンチンペソの為替推移がわかるようなチャートをそろえましたので投資判断に生かしていただけたらと思います。

以下は、リアルタイムのアルゼンチンペソの推移を反映したチャートです。

・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5日間チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ1年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ2年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5年チャート

アルゼンチンペソ


でも、アルゼンチンペソに関することではスペイン語、もしくは英語が堪能であれば、情報収集範囲も広がるのにと思いますが。

2002年の為替変動制になってからの、為替チャートのグラフ、アルゼンチン取引市場においてのメルバル指数など、為替グラフというものがないわけでもありません。

新興国として注目されるVISTAのAに当たるアルゼンチンペソですから、今後も為替グラフ等の情報は入ってくると思います。

今からでも、手に入るアルゼンチンペソ為替グラフなどの研究というのもいいかもしれません。

世界的にエマージング通貨への投資ブームが続いています。アルゼンチンペソも例外ではなく、為替グラフがにぎやかになってくる予感もします。

アルゼンチンペソの変動チャートを分析

アルゼンチンペソ/円の為替変動チャートでみると、やはり2002年の以前と以後では別物のチャートになっています。

また、アルゼンチンペソと米ドルの為替変動チャートでは、2002年までは1アルゼンチンペソ=1米ドルでしたから、こちらも異様なチャートとなっています。

1990年代、アルゼンチンの経済が安定していたころ、1アルゼンチンペソ=150円近くをつけていたときもありました。

そのときの為替変動チャートの形としても平坦ではなく、常にぎざぎざ模様となっています。

2002年の為替変動制になってからのアルゼンチンペソ/円の為替変動チャートですが、こちらは平穏な安定した動向となっています。

現在の為替レートは1アルゼンチンペソ=34円程度。

一番高いときの3分の一程度となっていますが、国全体の安定からいくと今の為替変動チャートの方があっているでしょう。

アルゼンチンペソ/円チャートに注目

日本にはアルゼンチンペソへの投資というと、単一ではなく他の国と一緒になった投資信託しか存在しません。

もちろんアルゼンチン株投資なども不可能です。

アルゼンチンペソの為替チャートはありますが、それも変動相場制になった2003年以降のものだけです。

2008年の後半においては金融恐慌の影響をアルゼンチンペソも受けています。

リアルタイムの推移を反映しているチャートを見て今後の投資判断に利用して頂ければと思います。

・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5日間チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ3カ月チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ1年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ2年チャート

アルゼンチンペソ


・アルゼンチンペソ5年チャート

アルゼンチンペソ


南米ではブラジルとアルゼンチンが経済を引っ張っていることが現実ですから、この二つの株指数チャート、アルゼンチンは株価指数(メルバル指数)のチャートは見る事ができます。

まだアルゼンチンペソは取引が不可能ですから、関心ないというのではなく、今後2通貨のFXがでてくる可能性があります。その場合、チャートは重要な鍵となります。

VISTAの一角としてのアルゼンチンペソですから、これからはとの関係も深くなるのではないでしょうか。

新興国への世界的な注目度も高まる中、アルゼンチンペソ円チャートの投資可能が待たれます。

アルゼンチンペソの為替レートはどう?

アルゼンチンの経済成長率は8%という高い数字です。

為替レートは、1アルゼンチンペソ=約34円で推移しています。

2001年に経済危機に見舞われ、IMF(国際通貨基金)の指導により為替制度を変動相場制へと移行したため、輸出が好調になり、2003年以降の景気回復へとつながりました。

アルゼンチンペソ/円の為替レートは2002年来4年経っていますが、為替レート的には安定しているといえます。

かつてはアルゼンチンペソは紙くずといわれた時代とは打って変わっての経済成長はは目を張ります。

これからの新興国とての頭角を表してくるのは必至でしょう。

ということはアルゼンチンペソ/円の為替レートにしても期待できます。

為替レート上昇の材料としては、バイオエタノールの原料として注目されているトウモロコシの生産が世界第2位を誇るため、今後の石油の高騰が続けばさらに生産額が伸びると考えられます。

日本において、アルゼンチンを中南米ファンドでしか投資方法はありませんが、アルゼンチンペソのこれからの動向に目を向けておくことも、今後のアルゼンチンペソ投資に役立つかもしません。

アルゼンチンペソの推移を見ていると…

アルゼンチンペソは。、アルゼンチン自体が米国の動向次第という部分がありますから、米国の景気が良い期間は、今の状態維持という推移でいくと思います。

暗い過去の多いアルゼンチンペソ関連ですが、今はそのような影も見せないほど高い成長率での推移が続けいています。

ただ、日本にいては、アルゼンチンの情報は思うように手に入らず、細かな推移などは把握できませんが、レートが1アルゼンチンペソ=約35円という数字は、安心な材料となります。

一時は40円だったアルゼンチンペソとのレートですが、アルゼンチンが高成長を続け始める前の2003年には30円を下回り、それからの35円です。

このことからもアルゼンチンペソの可能性としては、今のところ順調な推移といってもいいと思います。

それもカントリーリスクを抱えてのアルゼンチンペソですから、一概には諸手を挙げての応援とまではいきませんが、世界的なエマージング通貨の投資ブームがあります。

リスク管理を踏まえつつ、アルゼンチンペソ推移を見守っていきたいと思います。

アルゼンチンペソの見通しは明るい?

アルゼンチンペソの見通しですが、現在1アルゼンチンペソ=約35円です。

2002年からの変動為替制ですから、データとしては過去5年分しかありませんから、テクニカル分析は難しいですが、今の数字は、良い方と言えるかも知れません。

アルゼンチンペソの紙くず同然の時代も終わり、国自体も安定してきていますし、インフレ率は高いものの、国力としては強いものとなっているという見通しもあります。

日本円とアルゼンチンペソとの個人投資家での取引は不可能です。

中南米という形でのファンドは存在しますが、アルゼンチンを含め、こちらの見通しもなかなか良いものなっているようです。

これからアルゼンチンに対する投資商品の存在が気になるところですが、見通しとしては明るいものとなることでしょう。

これからは、アルゼンチンペソのレート、チャートなどの観測をしつつ、これからのアルゼンチン投資商品の準備というのもいかがでしょうか。

エマージング諸国への関心が高いという見通しは、まだ続くと思われます。

アルゼンチンペソのレートをみてみよう

現在、1アルゼンチンペソ=34円のレートで推移しています。

2002年の変動為替制となり、2003年からの為替レートは一気に坂を駆け上りました。

国際的には、アルゼンチンペソの切り下げが功を奏した結果になったアルゼンチン経済ですが、対日本においてもレート時には落ち着いた数字となっています。

2003年の夏には43円のまでいきましたが、その後は35円から40円の5円幅を行ったりきたりのレートとなっています。

日足、週足で見ると、レートは激しい動きとなります。1日で1円の高低差があります。

これは投資のチャンスがあれば、とても魅力的な幅です。FXなどですと、アルゼンチンペソと円の通貨ペアなら、かなりおいしいところをいただけそうですね。

しかし、このレートを利用してのアルゼンチンペソの商品は、ファンドしかなく、それもアルゼンチン一国だけのものは存在していません。

今後は、アルゼンチンペソのファンドもFXなども出現がないとは言えません。為替レートの観測は続けていても後悔はないと思います。